ガジェット ネットサービス 俺の3選

Air Pods Proの感想レビュー|メリットやデメリットも!

Air Pods Proを利用して約3ヶ月が経過しました。実際に使ってみてどうだったのか、感想やメリットデメリットについてもご紹介します。

 

Air Pods Proの感想は、やっぱりすごい?!

 

 

iPhoneで有名なあのAppleがリリースした完全ワイヤレスイヤホンのAir Pods Pro

こちらが私が使用しているAir Pods Proになります。値段は29,273円でアマゾンですぐに購入可能です。

使ってから3ヶ月以上が経ちましたが、特に問題もなくかなり快適に利用できています。

 

 

3ヶ月使ってみてAir Pods Proのすごい所、もう少しな所がいくつか分かってきたので、メリットとデメリットとしてご紹介します。

 

Air Pods Proのメリット デメリット

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

⌚️(@elpunto.delcelular)がシェアした投稿 -

 

Air Pods Proのメリット:ノイズキャンセリング機能がすごい!

 

Air Pods Proの一番の特徴といえば、まずはこのノイズキャンセリング機能です。耳にはめた後にノイズキャンセリング機能をONにすると、一瞬で真空の空間に移動したかのような感覚を味わえます。ノイズキャンセリングのイヤホンはAir Pods Proが初めてだったのですが、初めて私が装着した時は驚きのあまり声が出てしまいました。家族にも試してもらった所、耳の中の空気が無くなったような感覚で、初めて付けた時はびっくりして外してしまいました。それくらいこのノイズキャンセリング機能は素晴らしいです。イヤホン業界に革命を起こしたと言われていますが、まさにそんな感じです。

自宅で音楽を聞く場合は完全に周りの音は遮断されます。エアコンや空気清浄機の音などは完全に消えます。自分の好きな音楽だけが聞こえる真空の空間にいるような感覚になれます。外を歩いている時も、風の音や車の音などはほとんど聞こえない状態になります。ノイズキャンセリングをONにして、音楽をOFFにすると、外の車の音は辛うじて聞こえるといったレベルです。音楽を流している時は、周りの音は全く聞こえないという感じになります。

 

電車の中でも快適に音楽を楽しめる

 

このノイズキャンセリング機能が一番効力を発揮するのは電車の中です。通常のイヤホンで音楽を電車の中で聞く場合は、かなりボリュームを大きくしなければなりません。そのため、長時間電車で音楽を聴いていると、耳が痛くなってきたりします。自覚はなくとも、大音量で音楽を聞き続けることは、耳に相当なダメージをもたらしています。一方、このAir Pods Proのノイズキャンセリング機能を使うと、電車の騒音もだいぶ小さく聞こえるようになります。そのため、音楽もわざわざ大音量にして聞く必要がなくなります。耳にとってもその方が安全です。長時間の音楽を楽しんでも痛みなどは感じません。

 

Air Pods Proのメリット:外部音取り込み機能がある

 

 

ノイズキャンセリング機能を使っていると、人との会話はできるのかという疑問が沸くと思います。ノイズキャンセリング機能を使った状態で音楽を聴いている場合は、普通に会話するのは難しいです。音楽の音量にもよりますが、相手の声よりもノイズキャンセリング機能が勝っているという印象です。

 

イヤホンを外さなくても人との会話が可能

 

普通のイヤホンであれば、そうなったら耳から外すしか無いですが、Air Pods Proは違います。付けたまま、イヤホンの棒の部分をつまむと、外部音取り込みモードに変更することができます。これがとても画期的です。例えば、外で買い物中に音楽を聴いていて、お会計の時だけ外部音取り込みモードにしたい場合があると思います。その時はレジの前で数回イヤホンをつまむと、勝ってに外部音取り込みモードになってくれます。お会計のタイミングで毎回イヤホンを外すのは面倒くさいですし、お会計のタイミングは手に荷物もあるので外したイヤホンのやり場に困ります。そんな悩みを完全に解消してくれるのです。

外部音取り込みモードは、言葉の通り、外部からの音を遮断せず、耳に聞こえるようにしてくれます。このモードであれば、音楽を聴いていても相手と会話したりできます。イメージとしては、音楽が聞こえる補聴器のような感じです。

 

Air Pods Proのメリット:見た目がよりスマートに

 

Air Podsが発売された当時に話題になったことがあります。それは、耳からうどん現象です。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

✧Ainsley Ross✧(@ainsley_ross)がシェアした投稿 -

 

この女性は、Air Pods Proではなく、普通のAir Podsを利用している。耳から出ている棒の部分がかなり長く感じる。これを人は「耳からうどんが出ている」と揶揄していました。当時私がAir Podsを購入しなかった理由はまさにここにあります。正直ちょったダサかったです。ですが、Air Pods Proになってから、その棒の部分の長さ、存在感がかなり小さくなりました。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Oliver Pedersen(@oliverpedersen_1402)がシェアした投稿 -

 

お分かりいただけるでしょうか。こちらの画像はAir Pods Proをつけている男性の画像ですが、耳たぶより上側で白い棒の部分が終わっています。これなら「耳からうどんが出ている」と揶揄されることもなく、スマートにイヤホンを装着できます。私はこの事実を知ってすぐに購入に踏み切りました。

Air Pods Proは、もはやただのイヤホンではなく、一つのファッションアイテムと言っても過言ではありません。付けているだけでおしゃれに見えるし、さらにお金持ちに見られる。みんなこのイヤホンが高いことを知っているためです。Air Pods Proを付けて友人に会うと間違いなく羨ましい顔をされます。それだけこのアイテムのパワーは強力です。

 

Air Pods Proのメリット:通話がかなりクリアにできる

 

 

Air Pods Proは、iPhoneとBluetoothで繋いでいればイヤホンに内蔵されたマイクを使って、携帯を取り出さずに会話ができる。私はAir Pods Proを買う前にイヤホンで会話している人を見て独り言を言っているのかと思っている時期がありました。また、耳と口はかなり離れているので正直音質とかに疑問があったのですが、使ってみてさすがAppleだなと感動しました。相手の声がクリアに聞こえるのはもちろん、相手も自分の声が普通に電話しているのと同じように聞こえていました。外で歩いている時でも特に問題なく会話できました。

他人から見ると独り言のように見えるのは変わりませんが、そういう人の方が今はイケてる印象です。

 

Air Pods Proのデメリット:防水機能がもう少し!

 

メリットだけでなく、使っていて、欲を言えばここはもう少し頑張って欲しかった点についてもご紹介します。それが、防水機能です。Air Pods Proは、耳に付けるイヤホン部分はIPX4に対応しています。IPX4というのは、防水の能力としては、水の飛沫については問題ないですよというレベル。つまり、最近のiPhoneのように、水に浸けたりしても問題ないレベルでは無いということになります。

私は普段ランニング中に付けているのですが、走っている時にかく多少の汗は問題なく利用できています。しかし、雨が降ってきたりした場合は必ず外して濡れないようにしています。もしIPX5であれば雨でも問題なく利用できるのですが。。。普通に歩いている時に傘をさしていればもちろん問題はありません。なので、土砂降りの中でランニングをしながら音楽を聴きたいという私のような特殊な要望を持っている方にはもう一つと言った所ですが、普通に使う分にはIPX4で全く問題ありません。

 

Air Pods Proは買って良し!

 

総括としては、Air Pods Proは値段以上の価値がある買って良い製品だと言えます。私は友人の誕生日プレゼントにもAir Pods Proをプレゼントしましたが、かなり喜んでくれました。みなさんも自分へのご褒美、大切な友人へのプレゼントにオススメです。

 

  • この記事を書いた人

Eron

イーロン 新卒で平均年収2,000万円越えの一流企業キーエンスに入社。その後起業。会社経営者となる。ブログを通して自分の好きな事・考え方を発信。

-ガジェット, ネットサービス, 俺の3選

© 2020 Eron × saison Blog Powered by AFFINGER5