恋愛×メンタル

明るい性格になるには|明るい人に共通する10個の特徴を大公開!

美人

明るい性格になりたい!

 

明るい性格になりたい!と思うことってよくありますよね。もっと明るくなって人生を豊かにするにはどうすれば良いのでしょうか。それは、明るい性格をしている人を真似てみるのも一つの方法です。これから明るい性格の人に共通する特徴をご紹介しますので、自分もそんな人間になれるように努力してみてください。

 

明るい性格の人に共通する特徴

 

 

1.常に笑顔でいる

 

明るい人に共通している事として、常に笑顔でいるというのが挙げられます。すれ違うときや挨拶する時も、常に相手に対して笑顔を見せてくれます。その笑顔こそが明るい人の印象を決定している大切な要素です。仕事でパソコンを触っている時など、怖い顔をしている人はいますが、そうするとなかなか明るい印象を相手に与えることは難しいでしょう。

笑顔を作るためには口角を上げる練習をする必要があります。毎日朝鏡の前に立った時は笑顔を作る練習をしましょう。毎日笑う習慣を作る事で、自然と笑顔ができるようになるはずです。

 

2.会話の時はハキハキと話す

 

常に笑顔でいるのはもちろんですが、相手と会話をしている時も、あなたの印象を決定する大きな瞬間です。人と会話をする時は大きなこえでハキハキと話をするようにしましょう。モゴモゴしていては相手に明るい印象を与える事はできません。ハキハキ話すためには、いつもより少し大きめに口を開けて会話をするように心がけてみてください。それだけで相手が受ける印象は変わります。

普段人から少し暗いと思われている人は、自分ではちょっと大声すぎるかなと思うくらいの音量で人と話してみましょう。声が大きくハキハキしていればそれだけでもかなり相手に明るい印象を与えることができます。

3.笑顔でしっかり挨拶をする

 

挨拶をしっかりすると、それだけでその人の印象はぐっと良いものになります。明るく見せたいのであれば、明るい挨拶を心がけましょう。挨拶をされた相手も、した自分もかなり良い気分になることができます。また、誰に対しても同じように挨拶をすることも大切です。目上の人だけに挨拶しているようでは、周りの人からの印象は決して良くなりません。皆に対して明るく挨拶をしているのをみんなが知れば、あなたに対して信頼の目を向けてくれるようになるでしょう。

もし1日に2回目のすれ違いで、さっきも挨拶したけど、どうしようまた挨拶した方が良いのかなと迷ったときには、必ず挨拶をしましょう。2回目は少し小さくても問題ないので、無視するような格好にならないように注意しましょう。挨拶は一日に何度行っても問題ありません。その度にしっかりと挨拶すればその分相手があなたのことを明るくてしっかりした人だと思ってくれるでしょう。

 

4.返事もしっかり大きなこえで

 

人に返事をする際も、大きくはっきりとした返事をするよう心がけましょう。例えば仕事で上司に呼ばれたとき、無言で近づいていくのではなく、はい!と返事をしてから近づいていくだけで相手が受ける印象は全く違うものになります。挨拶と返事は基本ですが、意外と疎かにしている人が多いです。この細かい部分をしっかりと徹底する姿勢が、明るいあなたの印象を作るために大切な要素になっています。

何かをしてもらったときのありがとうございますも決して忘れないようにしましょう。食堂で食事を受け取ったとき、毎回ありがとうという人と、無言で受け取る人とでは印象がまるで違います。小学校のときの給食当番を思い出してみてください。

 

5.目があったら微笑み返す

 

いきなり人と目が合うことってありますよね。そういうとき普通はサッと目をそらしてしまいがちですが、それは日本人だけです。欧米人の多くは知らない人でもニコッと微笑み返してくれる人が多いです。そういう人は決まって明るいので、是非あなたも真似してみてください。初めは緊張するかもしれませんが、目があったら必ず微笑むと自分の中でルールを決めてしまえば、意外とそんなに難しいことではありません。

次のページへ >

  • この記事を書いた人

Eron

イーロン 新卒で平均年収2,000万円越えの一流企業キーエンスに入社。その後起業。会社経営者となる。ブログを通して自分の好きな事・考え方を発信。

-恋愛×メンタル

© 2020 Eron × saison Blog Powered by AFFINGER5