恋愛

サイコパスの特徴10選|近くにいたら要注意|向いている職業は?

サイコパスとは??

サイコパスとは、人とのコミュニケーションにおいて支障をきたすパーソナリティ障害を持つ人のことを言います。「反社会性パーソナリティ障害」と呼ばれており、一般の社会で生活する普通の人とは少し違った特徴を持っています。

その人が属する文化から期待されるものから著しく偏り、青年期または成人期早期に始まり、長期にわたり変わることなく、苦痛または障害を引き起こす肉体的体験および行動の持続的様式である

アメリカ精神医学学会ではサイコパスについて上記のように定義しています。一部ではサイコパスの人は経営者に向いていると言われたり、一見魅力的な人が多いとも言われます。実際の特徴としてはどんなものがあるのでしょうか。

関連記事
【Kindle Unlimited】無料体験で30日間読み放題!魅力を徹底解説!

続きを見る

サイコパスの特徴10選

サイコパス特徴:口が達者でおしゃべり上手

サイコパスの人は口が達者です。初対面の人とも積極的に会話ができ、上手にコミュニケーションを取れるため、ビジネスなどにおいても相手からの信用を得るのは早いです。また、周囲の状況を把握するのが得意なので、自分がどういう会話をしたら相手が喜ぶのかを考えながら会話しています。そのため、相手からすると、自分の褒めてもらいたい部分などをどんどん褒めてくれるため、魅力的な人に見えます。

あなたもおしゃべり上手になりたいのであれば、『1分で話せ』を読んで勉強してみるのが良いでしょう。

 

サイコパス特徴:抵抗なく嘘をつく

サイコパスの大きな特徴が、平気で何の抵抗もなく嘘をつくことです。例えば会話をしているときに、相手がこう褒めて欲しいんだろうなというポイントを見つけたら、自分が全くそう思っていなくても平気でその言葉を口にできます。上司にお世辞を言うのも、自分の本心では全く思っていなくてもお世辞がポンポン出てきます。うまく嘘を利用して会話を円滑に進められるのです。

大きい嘘だと、実は浮気をしているのにも関わらず、彼女の目を見て「君以外の女性とは会っていないよ。」と平気で言えます。嘘をつく事に慣れているため、見抜く事も難しい場合が多いです。

嘘を見抜くには、『弁護士が教える嘘を見抜く方法』を参考にしてみてください。

 

サイコパス特徴:結果のためなら手段を選ばない

サイコパスは結果を出すためならどんな手段を使おうと構いません。他人を踏み台にして自分だけが上に行こうとする事も、嘘をついて自分がのし上がろうとする事も平気でやります。経営者にサイコパスが多いと言われるのは、結局成功するためにはある程度の冷たい心が無いといけないのが現実です。社員をリストラしたり、ライバル企業をやっつけたり。そんな事も全く躊躇なくできるサイコパスだからこそ、経営者に向いていると言われるのです。

 

サイコパス特徴:自分はいつも正しい

サイコパスは自分はいつでも正しいと思っています。優秀で失敗する事はないと思っていますから、もし失敗があったとしても自分のミスだとは認めません。一緒にやった誰かのせいにしたり、環境のせいにしたりします。そうして自分の心の中では一切自分の非は認めていません。もし口では謝罪をしていたとしても、心の中では自分が正しいと思っており、反省などはしていません。

 

サイコパス特徴:自慢話ばかりしている

サイコパスは、自分が大好きで、優秀な人間だと思い込んでいます。そのため、人を見下したり、自分の自慢話をしたりします。相手が自慢話をされてどう思っているかは気にせず、自分の喋りたい内容を延々と話します。また、人の悪口もどんどん出てきます。面白おかしく人をバカにするのが大好きです。

 

サイコパス特徴:自分のことしか考えていない

サイコパスは自分の事しか考えていません。他人がどうなろうと正直どうでも良いのです。また、他人に対する共感の気持ちが欠如しているため、どんなに苦しんでいる人が近くにいようとも決してその人を助けようとは思いません。自業自得だなと思っているだけです。また、自分の立ち振る舞いによって他人がどう思うかについても何も考えていません。そのため、静かな空間で大きな声で喋ったり、空気を読めないような行動も多いです。大きな声を出してはいけない空間だと知らないわけではないのがポイントです。大きな声を出してはいけない場所だが、別に誰にどう思われようと関係ないから大きな声で喋ろうと思っているのです。

 

サイコパス特徴:他人を洗脳する

サイコパスは、自分の求める結果を出すためなら手段を選びません。そのため、人を洗脳して従わせたりもします。口が達者で魅力的な人がサイコパスには多いので、実際に人を操る能力が高いです。他人を自分に従わせることに快感を覚えると、どんどんエスカレートしていく傾向にあるので、注意が必要です。

 

次のページへ >

  • この記事を書いた人

Eron

25歳2代目会社経営者

-恋愛

© 2021 Eron × saison Blog Powered by AFFINGER5