K-POP NiziU

【写真あり】NiziUメンバー マコ(山口真子)の全情報まとめ!

イーロン
みなさん初めましてNiziU大好きイーロンです!!

今回はNiziUのリーダーであるマコについてまとめていきます!

 

この記事を読んで分かること

この記事では、NiziUのリーダーであるマコについての基本的なプロフィールの他に、有料動画サイトのHuluで放送されている「NiziU 9 Stories」の中でマコが語っていた内容などについてもまとめています。

マコのファンであれば絶対に知っておいて欲しい事ばかりなので、しっかりチェックしてください!

 

メンバー全員のプロフィールについてはこちらでまとめていますので、併せてご確認ください!

にじ
【写真あり完全版】虹プロで生まれたNiziUメンバー全員のプロフ

続きを見る

 

NiziUのリーダー マコ

 

https://www.instagram.com/p/CFskqH2AugB/?utm_source=ig_web_copy_link

 

マコのプロフィール

 

本名 山口 真子(やまぐち まこ)
生年月日 2001年4月4日
血液型 A型
身長 160cm
出身 明太子が有名な福岡県
趣味 ドラマ鑑賞、語学の勉強、日記
特技 レモンを食べても無反応
Nizi Project最終順位 1位
担当 リーダー
メンバーカラー レッド
キャッチフレーズ NiziUのリーダー

 

虹プロジェクションと呼ばれるオーディション番組で合格したメンバーで構成されたNiziUのリーダー「マコ」。メンバーの中で一番のダンスとボーカル能力を持っています。プロデューサーであるJY.Parkは、マコのことを、バスケットのマイケルジョーダンのようだと語っています。それだけ才能もあるのに努力もできる人間という事です。東京合宿での個人レベルテストでは、ダンスもボーカルも1位を取っており、オーディションの最初から最後までずっとトップを走り続けていました。

趣味に語学の勉強とありますが、マコは日本語と韓国語が話せます。韓国で2年以上生活しているため、かなり韓国語は上手です。また、特技のレモンを食べても無反応は、東京合宿中のスター性評価の際に、得意な書道と一緒に披露しています。

マコは虹プロのオーディションが始まる2年7ヶ月前から韓国にあるJYPエンターテインメントの練習生としてダンスやボーカルのレッスンを受けていました。今回のオーディションは自分にとってのラストチャンスであると思い、並々ならぬ覚悟で挑んでいました。見事に、最終順位も1位でデビューしています。

 

性格は?!メンバー思いの最高のリーダー

 

マコは自分の性格を、1度決めたら最後までやり遂げる性格。と語っています。ダンスもこれができるようになるまでは寝ないで練習するなど、かなりストイックな性格をしています。さらに、毎日日記をつけており、今日できた事、そして明日できるようにする事を書いているそうです。そうする事で、自分が成長していることの確認をしています。なかなか続けることが難しいですが、マコはストイックに自分を律してその毎日のルーティーンをこなしています。

メンバーもマコの性格を「頼れるリーダー」「真面目で努力家」と口を揃えて言っています。一番近くで見ているメンバーがそう思うのですから間違い無いでしょう。

オーディションの期間中も、チームのリーダーとしてみんなをまとめ、J.Y.Parkにも、「マコのいるチームはいつもチームワークが良い」と言われています。自分もまだ合格が決まっているわけではない場面でも、周りの仲間を助け、そして自分もしっかり結果を出す。本当にマコは素晴らしです。

ただメンバーは、「意外と天然」「笑いのツボが変」「抜けている」など、マコの意外な一面についても暴露しています。頼れる部分と、親しみやすさの両方を持っているリーダーと言えます。

オーディション期間中に行われた運動会では、相手チームには絶対に負けたくないという気迫が見られました。かなりの負けず嫌いだとも言っています。そちらの運動会の様子はこの動画から見ることができます。

 

 

姉はモデルの山口厚子

 

 

顔がマコと少し似ていますね。モデルやyoutubeでの活動をしながら、女優としての活躍を目指している山口厚子さん。最近は「今夜比べてみました」に出演したり、テレビでも見かけるようになりました。

マコの姉ということで出演することが多いため、売名行為と心ない声がネットに出ていたりもします。ただ、厚子さんは自分でも「明るく好奇心旺盛で、誰とでもすぐに仲良くなれる性格」だと言っているので、これからも批判の声は気にせずにどんどん明るい姿をテレビで見せてもらいたいです。

 

マコのインタビュー内容

 

マコがNiziU 9 Storiesで合格後に語っていたインタビューの内容についてまとめました。

 

デビューが決まって思うこと

すっごく嬉しいです。小さい時から舞台でパフォーマンスをすることが夢だった。それに向かってずっと練習してきたので、自分が誇らしい。スタート地点に立ったと思って頑張りたいです。

 

JYParkの印象

カメラが回っていないところでも娘のように可愛がってくれる。お父さんのような暖かい存在。

 

JYP練習生になるための努力

1年間毎朝6時に起きて自主練し、学校の後も宿題を終わらせて自主練をしていた。今思うとあの時はよくやっていたなと思う。絶対に入ると思って頑張っており、きついと思うことは一度も無かった。

 

救われた言葉

スランプの時に、自分にコンセプトが無く落ち込んでいた。JYParkに、元々自分は特別。ありのままで良いと言われた時に、今までの悩みが全て消えて、今回のオーディションも乗り越えることができた。

 

ミイヒ・リマの存在

練習生時代も3人でいる時間が多かった。お互いに慰め合ったりしていた。オーディションの前日も、2人が泣き出してしまったが、一緒に励まし合って乗り越えてきた。

一緒に3人で合格することができて本当に嬉しい。

 

オーディション・ファイナルステージを振り返って

披露した後は、達成感がすごくあった。オーディションの中で感情が一番こもっているのがファイナルステージ。脱落したり、合格したり、みんなの感情がこもっているのがファイナルという舞台。

 

印象に残るJ.Y.Parkの言葉

やっぱり、マコさんのいるチームはいつもチームワークが良いと言っていただいた時が嬉しかった。今まであまりリーダーをした経験がなかったから、リーダーをするたびに良かったよと言ってもらえると、リーダーを頑張って良かったという気持ちになった。毎回リーダーをするたびに学ぶ部分もあって、みんながいたからこそ果たせた部分もある。リーダーとしては、チームの雰囲気を作り上げることを意識している。

 

どんなアーティストになりたい?

一人ひとりが自分らしさを出しつつ、9人がお互い協力し合っていけたらいいなと思う。活動する上で健康管理は大切なので、みんなの健康管理も、家族と思ってしっかり観ていきたい。世界中の人に私たちを知ってもらって、笑顔を届けていきたい。

 

今後も新しい情報が出次第更新していきます!

にじ
【写真あり完全版】虹プロで生まれたNiziUメンバー全員のプロフ

続きを見る

 

 

  • この記事を書いた人

Eron

イーロン 新卒で平均年収2,000万円越えの一流企業に入社。その後起業。会社経営者となる。ブログを通して自分の好きな事・考え方を発信。

-K-POP, NiziU
-

© 2020 Eron × saison Blog Powered by AFFINGER5