恋愛

話しやすい人の特徴15選!話しやすい人になるメリットもご紹介!

 

話しやすい人はメリットだらけ

 

普段生活をしていて、なんだか話しかけやすいなと思う人っていますよね。そういう人は、良い出会いも沢山あり、困った時には色々な人が助けてくれます。どうすればあなたも話しやすい人になれるのでしょうか。今回は話しやすい人の特徴を15個ご紹介します。どれも少し意識を変えればすぐに実践できる事ですので、是非あなたもこの記事を参考にして話しやすい人になってみてください。

 

 

話しやすい人の特徴15選

話しやすい人は、質問が上手い

 

話やすい人は質問が上手です。相手の話しやすい話題を見つけ、それについての質問をします。もし相手が少し話しにくそうな時はすぐに別の質問をします。そしてその質問の答えをしっかりと覚えています。次に会ったときに以前会話した内容をしっかりと覚えている前提で話が進むのでとても話がスムーズに進みます。

話ずらい人は質問できずに黙ってしまったり、答えにくい変な質問をしてしまっていないか注意してみてください。

 

話しやすい人は、空気を読むのが上手い

 

話やすい人は空気を読むのが上手です。相手が今は話しかけて欲しくないと思っている場合は無理に話しかけません。会話は、お互いの気持ちが乗ってこないと成立しないモノだと理解しているためです。複数人で会話をしている時に、少し会話の輪に入れていない人がいたら、そっと話を振ってみたり。いつもその場の空気を読んで会話をしています。

空気を読まずに自分の話ばかりしたり、自慢話をしたりする人が見受けられます。自分がそうなっていないか意識しながら会話をしましょう。

 

話しやすい人は、相づちを打つのが上手い

 

話しやすい人は相づちを打つのが上手です。また、バリエーションも豊富です。「うんうん」だけでなく、「え〜そうなんだ!」「へ〜」など、会話の中で様々な相づちをバランスよく使うことが大切です。話している相手がちゃんと聞いてくれているんだなと実感できるような相づちを打つようにしましょう。

話しやすい人は、挨拶をしっかりする

 

話しやすい人は第一印象をとても大切にします。第一印象は挨拶で決まるので、必ず元気よく相手が気持ち良くなる挨拶をします。そうすると、初めて会った人でも、「ああ、この人はなんだか明るくて良い人なんだろうな」という印象を持ってくれます。

挨拶をしないと、第一印象が暗くなってしまい、その後で挽回するのはかなり大変です。まずは明るく元気に挨拶をする。基本ですが、しっかりと意識していきましょう。

話しやすい人は、笑顔が上手

 

話しやすい人は笑顔が上手です。ふと目が合った時もしっかりと笑顔を作ってこちらに微笑みかけてくれます。日本人は知らない人と目が合うとすぐに逸らしがちですが、アメリカでは知らない人にも微笑みかける人が多いです。これは文化の違いですが、日本にも是非広まって欲しい文化の一つです。みんながやらないからこそ、笑顔で微笑んでいる人を見ると、話しやすそうな人だなとの印象を受けます。

会話の途中でも、相手が笑顔で聞いていてくれると、話している方も話しやすくなるモノです。ですから、相手の話を聞いている時は、しっかりと笑顔を意識して会話しましょう。

 

話しやすい人は、見た目も素晴らしい

 

話しやすい人は、見た目も素晴らしいです。素晴らしいというのは、清潔感があるという意味です。パッとその人を見た時に、清潔感があって明るい印象を与えられる服装であれば、その人に話しかけてみようかなという気持ちになります。逆に、少し汚らしく、暗い印象を与える服を着ている人はどうしても敬遠しがちです。道を人に尋ねる時も、できるだけ清潔感のある明るい服を着ている人を無意識に選んでいます。

服装は明日からすぐに変えられるものの一つなので、できるだけ清潔で明るい色の洋服を着るようにしましょう。

 

話しやすい人は、いつもポジティブ

 

話しやすい人はいつもポジティブです。会話をしていても、しっかりと前向きな事を言ってくれる人が好印象ですし、そういう人と会話をしたくなります。悩み相談をよくされる人は、しっかりと共感しながらも、必ず前向きなアドバイスをするモノです。いつも人の悪口を言っていたり、会社の愚痴を言っているような人にはなかなか人が話しかけてはきません。人と話す時は、できるだけ明るくなりそうな話題を選んで会話をするように、そしてポジティブ思考でいるように心がけましょう。

次のページへ >

  • この記事を書いた人

Eron

25歳2代目会社経営者

-恋愛

© 2021 Eron × saison Blog Powered by AFFINGER5