恋愛×メンタル

恋愛心理学のテクニック8選|簡単に恋人の心を動かす方法大公開!

恋愛心理学のテクニック5:初めは小さく、フットインザドア

 

このテクニックは、自宅への訪問販売を行う営業マンの販売手法から名前がついています。訪問販売をする時は、とにかく足をドアの隙間に入れ、ドアが閉まらないようにする。そこからフットインザドアという名前がついています。

このテクニックはシンプルですがとても大切な内容です。とにかく頼みごとをする時は、まずは小さな頼みごとをして、それから徐々に大きな頼みごとに変えて行くというものです。小さな頼みごとに慣れてくると、人は大きな頼みごとも徐々に受け入れてくれるようになるのです。

例えばデートを誘うのであれば、初めから遊園地や映画に一緒に行くよう誘うのではなく、一緒にカフェに行かない?など、気軽な雰囲気のデートに誘いましょう。そうして徐々に段階を踏んでから遊園地や旅行などのデートに誘うのです。いきなり旅行に誘われると相手は不信感を持つものです。

 

恋愛心理学のテクニック6:同じ動き、ミラーリング

 

人は無意識のうちに、自分の好きな人と同じような動作をしてしまう動物です。例えば、好きな人と一緒にカフェでコーヒーを飲んでいるとします。相手がカップを持って口に運んだ時、無意識に自分もカップを持って口に運んでしまいます。この効果をミラーリング効果と呼びます。これを恋愛心理学で応用するには、わざと相手と同じ行動をするように心がければ良いです。

自分が好きな人と一緒にカフェに行ったとします。そうして席に着いたら、相手がコーヒーを飲む時と全く同じタイミングでコーヒーを飲みましょう。そして相手がパンを食べたら自分もパンを食べましょう。とにかく同じ行動をし続けるのです。そうすると相手は、無意識のうちに心地の良い気分になります。そうして自分は相手のことが好きなのではないかと錯覚してくれるのです。

この手法は動作だけではありません。口癖や方言など、気になる人と同じ言葉を使うことでも相手に親近感を与えることができます。

恋愛心理学テクニック7:クライマックス効果

 

人の印象は、その時の最後の印象が大きく影響します。例えば映画を見に行った時、どんなにオープニングがかっこよく始まったとしても、終わり方が良くなければその映画に対して良い印象を持ちません。見終わったときに良い映画だったなと思う映画は、ほぼ全てハッピーエンドの映画です。映画だけに限らず、漫才の審査でもなんでも、最後の人が一番印象に残り、高得点を得やすいです。

この効果のことをクライマックス効果・ピークエンドの法則などと呼びます。この恋愛心理学のテクニックをデートなどで応用すれば、あなたとのデートはいつも楽しかったと思ってもらえるようになるでしょう。

例えばデートの最後にサプライズのプレゼントを用意していたり、夜景の綺麗なスポットを準備していたり。デートの途中が少しつまらなかったとしても、最後の良い印象を残すことができれば必ず相手は良い思い出として帰宅してくれるでしょう。

 

恋愛心理学テクニック8:禁断の恋効果

 

不倫のニュースってよくありますけど、なんで不倫なんてするんだろうと思ったことありませんか?実は不倫だからこそ盛り上がるんです。人は禁止されるとよりそれがやりたくなる生き物です。例えば目の前にボタンがあって、押すなと言われるとなんだか押したくなりますよね。それと同じ効果が不倫にはあります。

では結婚していない人が不倫のように、燃え上がる恋をするにはどうしたら良いでしょうか。それは、嘘でもいくつか相手を燃え上がらせるような情報を伝えれば良いのです。例えばもしあなたが女性ならば、別れて欲しいけど別れてくれない彼氏がいて困っていると男性に伝えてみましょう。もしその男性があなたに気があるのであれば、必ず必死に別れて自分と付き合うように言ってくれるはずです。

嘘をついて相手を燃え上がらせるのは少し心が痛くなる場合は、この方法は使わずに他のテクニックにしておきましょう。

 

まとめ:関連記事

 

8つの恋愛心理学のテクニックをご紹介しましたがいかがだったでしょうか。こちらの記事も恋愛を成功させるために役に立ちますので是非ご覧ください。

 

おすすめ関連記事
恋愛心理学で知っておくべきテクニック集|今すぐ使える6つの原理!

続きを見る

 

人気記事
褒め上手になるには?モテたいなら知っておきたい女性の褒め方解説

続きを見る

 

  • この記事を書いた人

Eron

イーロン 新卒で平均年収2,000万円越えの一流企業キーエンスに入社。その後起業。会社経営者となる。ブログを通して自分の好きな事・考え方を発信。

-恋愛×メンタル

© 2020 Eron × saison Blog Powered by AFFINGER5