就活

【長所・短所編】就活ESの長所・短所を見つける裏技と例文を公開!

 

ESの内容で「長所・短所」を求める企業がありますよね。

 

これから就活を始めるあなたは「長所がない!」や「何を書けばいいの?」と

 

単純な質問ですが少し書きにくいと感じている就活生は多いのではないでしょうか?

 

今回はこのような「長所・短所の書き方」に徹底的にフォーカスして悩みを解決していきます。

 

本記事のテーマ

【長所・短所編】就活ESの長所・短所を見つける裏技と例文を公開!

 

記事の信頼性

本記事の執筆をしている僕の主な内定先は大手総合商社・メガバンクです。就活を通して数々の面接・筆記試験を突破し自分よりも高学歴の就活生に勝利してきました。

 

就活塾で外資系コンサルティング出身の鬼就活講師から指導された経験もあり、そこで学んだ知識も含めれば他の就活生には負けません。

 

就活生の読者さんへのメッセージ

本記事では、ESにおける「長所・短所の書き方」が分からないあなたに向けて実際に内定した例文を用いながら解説をしていきます。また、就活に使える「長所・短所」の見つけ方までも解説をしていきますので本記事を参考に自分の「長所・短所」を見つけて内定するESを完成させる事ができると思います。

 

それでは本記事の内容に入っていきましょう。

 

ES全体のテクニック・差別化の方法はこちらで詳しく解説をしています。まだご覧になっていない場合は本記事に進む前に一読する事をおすすめします。

参考記事
就活で差別化するESの書き方解説!【そのES読まれてないですよ】

続きを見る

 

長所・短所をなぜ質問するのか

 

就活における「長所・短所」を考える前に、そもそもなぜ長所・短所を質問してくるのかををもう一度しっかりと考えていく必要があります。企業によって様々な意図があるかもしれませんが、基本的には下記の2点を確認する為です。

 

自分を客観的に見て課題解決ができる人材か

しっかりと自己分析をして、自分を客観的に捉える事ができるかを企業は観察しています。もう少し具体的に説明すると、「何が強み(長所)で何が課題(短所)なのか?」を主観のみでなく、客観的に考えて自分を分析できる人というのは仕事においても自ら考え改善し、課題解決ができる人の特徴なのです。企業はそのような人材を求めています。

 

また、社会人になったらもちろん最初は仕事を教えてくれるかもしれませんが、基本的には自分で課題を見つけてそれを解決するの繰り返しとなります。自ら課題を見つけられない人というのは仕事ができない人という評価をされるのです。それを面接で見極める為に長所・短所を質問するのです。

 

企業にその長所はマッチするのか

企業はもちろん、その就活生の長所が企業に入ってどのように活かせるのかどうかも見ています。就活生の回答した長所が企業の仕事や雰囲気にマッチしていれば、その就活生の入社後の姿を想像しやすいものとなります。

 

もし、体育会系の企業の面接で「長所はとにかく何においても積極的で恐れず前に進む事ができます」といったような回答をすればマッチしそうですよね。

 

もちろん同じ長所・短所でもそれにマッチする企業というのは変わってくるので一概に正解は無いですが、企業は入社後の姿が想像できるか?という観点で企業は長所・短所を質問するのです。

 

以上が企業が「長所・短所」を主な理由となります。実は長所・短所を質問する理由の1つ目はどの長所・短所かが論点ではなく、しっかりと自己分析ができているかどうか?が論点となっています。それに比べて2つ目は企業にマッチするかどうかが論点となっていますよね。従って、単純な質問ですがこれら2つ論点を意識して回答する事が必要となってくるのです。

 

特に、2つ目に関しては企業にある程度は寄せていかないと通過する事は難しくなってしまうので事前に調べておく必要があります。より、リアルな企業の雰囲気を知る為には「OB訪問」が有効ですので下記の記事を参考にしてみて下さい。これは内定する為の裏技です。

参考記事
就活でのOB訪問とは?メリットとやり方を徹底解説!【裏事情アリ】

続きを見る

 

長所・短所の見つけ方

 

では、具体的に長所・短所を見つけていく事から始めましょう。「自分には長所がないよ!」と思っている方も安心してください。しっかりと自分の今までの人生を振り返ると必ず長所は発見できます。

 

長所の見つけ方

 

まず長所の見つけ方を解説していきます。おすすめする方法として2つありますのでなかなか見つける事ができない方は実践してみて下さい。また、見つける時の注意点としては必ずその長所に関する具体的なエピソードもメモしていく事です。これは後々ESに書く際に必要になるからです。

「長所」+「具体的なエピソード」で長所を探す!

 

過去の経験を振り返る

これはほとんどの就活生が長所を見つける為にやっている方法となりますがやはりこれが一番分かりやすいです。理由としては、自分で長所だなと思った時、具体的なエピソードもセットで付いてくるからです。

 

あなたはきっと今まで部活動やサークル、受験、ゼミ、アルバイトなど様々な経験をしてきているはずです。その中で、自分で考えて行動した事や継続した事を小さい事でも構いませんので羅列をしていきましょう。とりあえずは自分の思う長所と恥ずかしがらずにどんどんアウトプットしていく事が重要となります。

 

例えば、受験勉強で成功した経験があるとしたら「どのように工夫して勉強したのか?」「どのくらい継続して勉強したのか?」を考えていくと長所に近づいてきます。この経験から想像できる長所としては「自分を客観的に分析し、諦めずに課題解決に取り組める」といったところでしょうか?

 

長所が見つかったらエピソードも必要なのですが自分の過去の経験から振り返っているのですぐに「受験」と分かりますよね。このような要領で長所を見つけるとスムーズです。

 

家族・友人に長所を聞く

1つ目の方法でうまく見つけられなかった時や、自己分析した長所の客観性を確かめる為にあなたの事をよく知っている人に聞く事をおすすめします。

 

この方法は自分の考えも付かないような長所を教えてくれる可能性が非常に高いので有効な手段となります。あなたの事をよく知っている人であるならばお願いすれば教えてくれるので是非聞いてみましょう。そして答えが返ってきたら「具体的にいつそう思ったか?」も加えて質問する事で自分では意識していなかった小さなエピソードも知る事ができるので実践をしてみて下さい。

 

短所の見つけ方

 

次に、短所の見つけ方を解説していきます。長所よりも短所の方が比較的に見つけやすいのでしっかりと自己分析をして短所を見つけ、それを自分自身の課題としてどのように解決するべきなのかを考えることが大切です。

「短所」+「逆に言うと長所」+「課題解決の手段」で短所を探す!

 

過去を振り返って逆に言うと長所になる事を探す

長所を探す時と同様に過去の経験を振り返ってみましょう。その時のポイントとしては、何か失敗した時を考えると見つけやすいです。また、その見つけた短所が逆に言うと長所にもなるものを選定することが大切です。

 

例えば、「よく考える前に行動してしまう事がある」という短所が自分で見つけることができたとします。これを逆に言うと「失敗を恐れず行動して手を動かしながら試行錯誤ができる」といった長所にも言い換えることができますよね。「逆に言うと長所」を意識して短所を伝えることによって自分の弱みを伝えながらも企業には良い印象を与えることができます。

 

また、この短所をどのように解決をしようとしているのかも考えておきましょう。上の例でいくと、「何かアクションを起こす時に、もちろん勢いも大切だとは思いますが一旦立ち止まるべき場面もあることも意識するよう心掛けております。」と答えることができれば完璧です。

 

最後に短所のNG例を紹介します。その短所が人間的に問題があるような内容は絶対に短所としないようにしましょう。

・嘘を付いてしまう。

・時間を守れな

・人の気持ちを考えられない等

これらの短所を書いてしまった時点でアウトとなってしまうので絶対に気を付けて下さい。何度お伝えしている通り、「長所に結び付く短所」を選定する事が企業に対して良い印象を与えます。

 

長所・短所の例文解説

 

さて、先ほど解説をした方法であなたの「長所・短所」を見つける事ができましたか?ここからは具体的な例文を用いてESの書き方のイメージを掴んで頂ければと思います。

例文となっている長所・短所についての基本情報は「部活」です。

 

長所の例文

【長所】
私の長所は「困難や、壁を感じた時にそれを乗り越えようとする強いメンタル」があることです。

【具体的なエピソード】
12年間続けた野球の経験から説明します。私は中学時代まで、4番でエースとして活躍をしてきたのにも関わらず、高校時代は、レギュラーとは程遠い生活をしていました。しかし、そういった現実から逃げることなく努力することができたのは、「己に勝つ」という父の言葉に何度も励まされ、歯を食いしばることができたからです。その結果、両親の見ている引退試合で三塁打を放ち絶大な自信をつけることができました。

【結論】
この経験から私には、困難に立ち向かうことのできる強いメンタルが長所であると思っています。

 

流れとしては「長所」→「具体的なエピソード」→「結論」となっています。基本的にはこの流れを真似して頂ければOKです。ここで大切なポイントとしては具体的なエピソードをしっかりと記載する事です。しかし、企業によって字数制限が異なるので字数制限が少ない場合は長所と一言エピソードを入れるようにしましょう。これが説得力を付ける為のテクニックです。

 

短所の例文

【短所】
私の短所は「心配性」である点です。自分の思う万全な状態ができていないとなかなか行動に起こすことができないところがあります。

【具体的なエピソード】
〇〇部の学生コーチとして活動している時、試合前に自分が納得するまでミーティングをしてしまい、選手たちの試合に集中する為の時間が少なくなり選手から指摘を受けた事があります。

【解決策・結論】
それ以降、その短所を改善する為に「その問題を心配する必要が本当にあるのか」をしっかり考慮し、すぐに行動に移せるように意識しています。

 

基本的には長所の流れと同じですが最後の結論の部分に「短所を改善する解決策」を記載しています。これが長所と短所での大きな違いです。これをしっかりと記載することによって自分自身の課題をどのように解決しようと工夫しているのかをアピールしましょう。

 

以上が長所・短所の例文でした。流れとポイントをしっかりと意識して書く事ができればすごい長所がなくても説得力のある文章が書けます。しっかりとこれらのポイントを実践きている就活生は少ないので差を付ける為にもこの記事を参考にして頂ければと思います。

 

まとめ

今回は「長所・短所」について選定の仕方から具体的な例文を交えて解説をさせて頂きました。単純であるからこそ少し回答するのに考え込んでしまう部分でありますが、本記事で解説した方法で作業を進めて頂ければスムーズに作業を進めることができると思います。また自分自身を見つめる良い機会となりますのでしっかりと時間をかけてじっくりと取り組みましょう。では良い就活ライフを!

 

  • この記事を書いた人

saison

東京六大学を卒業後、大手総合商社に入社。 その後、エネルギー部門に配属されるが、 Eronと起業する決意し、2020年1月に退社する。 自身の影響力を高める挑戦としてインターネットでビジネスを開始。 Eronとは中学生時代からの同級生。

-就活

© 2020 Eron × saison Blog Powered by AFFINGER5