就活

【志望動機・理由編】差別化するESの書き方のコツを例文で解説!

 

ESの内容で「志望動機・理由」はほとんどの企業が課題としています。

 

これから就活を始めるあなたは「志望動機・理由が上手く書けない!」と

 

悩んでいるからこそ本記事に辿りついたのかと思います。

 

今回はこのような「志望動機・理由の書き方」に徹底的にフォーカスして悩みを解決していきます。

 

本記事のテーマ

【志望動機・理由編】差別化するESの書き方のコツを例文で解説!

 

記事の信頼性

本記事の執筆をしている僕の主な内定先は大手総合商社・メガバンクです。就活を通して数々の面接・筆記試験を突破し自分よりも高学歴の就活生に勝利してきました。

 

就活塾で外資系コンサルティング出身の鬼就活講師から指導された経験もあり、そこで学んだ知識も含めれば他の就活生には負けません。

 

就活生の読者さんへのメッセージ

本記事では、ESにおける「志望動機・理由の書き方」が分からないあなたに向けて実際に内定した例文を用いながら解説をしていきます。

 

加えて、色々な人のES参考にしてみてもなんだかありきたりな文章になってしまう悩みを解決する「差別化」も行えるよう執筆をしたので最後までしっかりと読んで学んで頂けたらと思います。「通過するES」の作成を約束します。

 

それでは本記事の内容に入っていきましょう。

 

 

ES全体のテクニック・差別化の方法はこちらで詳しく解説をしています。まだご覧になっていない場合は本記事に進む前に一読する事をおすすめします。

参考記事
就活で差別化するESの書き方解説!【そのES読まれてないですよ】

続きを見る

 

志望動機・理由とは

 

自己PRを実際に書いていく前に、「志望動機・理由」で何を書くべきなのか?という論点をしっかりと抑えておきましょう。

 

あなたは志望動機・理由を考える時に、単純にESを提出する企業に入りたい理由を書くものだと捉えていないでしょうか?これでは僕の考える説得力100%の志望動機・理由を書く事は出来ません。

 

なぜならば、志望動機・理由では「なぜその業界に入りたいのか?」「その中でもなぜその企業であるのか?」の2つを知りたいと企業は思っているからです。つらつらとその企業に入社したい理由を書いたとしても、「数ある同業の中でなぜウチの企業なのか?」を明確にしていかないとどうしても内容の薄い説得力のない志望動機・理由となってしまいます。

 

あなたがもし、企業の社長だったらどうでしょうか?他企業との比較もなしに自分の企業の良い点を列挙しただけの志望動機を語られても全く説得力がありませんよね。必ず、「それだったら他の企業でもできるよ?」と思われるつっこみポイントが出てきます。

 

理論武装した志望動機・理由を書くには就活生なりに他企業と色々な観点で比較をして「どうしても御社でないとダメなんです!」の明確な理由を伝える事が重要になります。

 

では、業種を選ぶにあたっての理由・比較材料として一番の説得力を与える事ができるのか?というとそれは「就活の軸」です。これが全ての判断軸となり、就活の軸からブレない内容を書く事でつっこまれるポイントは限りなく0に近づき説得力が圧倒的に増すのです。

 

ポイント

・「ただ入社したい理由」ではなく、「どうしても御社でないとダメなんです!」レベルで書くべき。

・志望する業界、企業の2つの観点で志望動機・理由を考える!

・全ての判断材料を「就活の軸」とすれば圧倒的説得力のある文章となる!

 

【0円で早期内定】

オマケですが、dodaキャンパスというサービスは就活の軸を考える上で重要な自己分析やESの添削、インターン情報を無料で提供して頂けるみたいです。また、このdodaキャンパスによると秋冬インターンに参加した3年生の年内の内定率は9割となっているとの事です。逆に言うと、今インターンに参加すれば90%の確率で内定が貰えます。早期内定したい方は無料なのでとりあえず登録しておいても損はないと思います。

ベネッセのオファー型就活サービス【dodaキャンパス】はこちら

 

志望動機・理由の考え方

 

では、具体的にどのように志望動機・理由を考えていけばいいのかをポイントに分けて解説をしていきます。ここで挙げたポイントをしっかりとまとめることが出来れば志望動機・理由の80%完成すると言っても過言ではないので文章の根幹をしっかりと作っていきましょう。

 

1 業界の志望動機・理由

 

就活を始めてみると様々な業界がある事が今まで以上に分かると思いますが、なぜあなたはその業界を志望するのか?を考えていきます。ほとんどの就活生の場合だと様々な業界について知る事となるのは「企業説明会」や「インターンシップ」がきっかけとなると思います。

 

ですので、企業説明会」や「インターンシップ」で関わってきた人に「その業界とはどのような部分が魅力なのか?」を質問してESに使えそうな題材を探すのです。就活生の判断で業界の魅力を勝手に考えるのではなく、実際に働いている社員に聞く事でリアリティが増します。

 

例えば、「商社業界」であるとすると「自らビジネスを模索して一から商流をデザインできる事が魅力」と社員から話して頂いたとします。これは一旦メモをしておきます。そしてそれを志望理由とさせるために、就活の軸と照らし合わせてその言葉が自分の「就活の軸」に当てはまるのであるならばその言葉を採用して「その業界を志望する理由」にすれば良いのです。

 

このようにして、業界を志望する動機や理由を模索する時には実際に社員からその業界の魅力や特徴を質問し、その答えが自分の就活の軸に当てはまるかどうかを考えましょう。

 

2 企業の志望動機・理由

 

業界の志望理由が固まったら次は本命の企業の志望動機・理由を考えていきましょう。企業の志望動機を考える観点は大きく分けると下記の2つです。

1.企業の特徴的について

2.企業の社員について

では、それぞれ丁寧に解説をしていきます。

 

【観点1】企業の特徴について

企業の具体的なビジネスについては企業研究(企業説明会やインターンシップ)である程度は勉強できます。ここまではある程度の就活生はできているのですが、それをESに書く時にはどうしても企業の大きな特徴について羅列するだけでになっているものが多いです。

 

「なぜその特徴が魅力に感じたのか?」の記載が無いものは絶対に通過する事はありません。今までの説明会やインターンシップが無駄になってしまうのでそれを防ぐためにも、「なぜ魅力を感じたのか?」にフォーカスして書く事を意識しましょう。

 

なぜ魅力に感じたのかを説得力のあるものにするために大切な事は、「他企業との徹底比較」です。可能な限り、他企業と色々な観点で比較をして、その企業だけの特色を書く事が通過へのポイントです。

 

例えば同じ食品メーカーであっても「特に何を扱っているのか?」「海外進出はどのようになっているのか?」等の観点で自分の就活軸にあったものを選ぶと説得力は増しますので徹底して実践しましょう。

 

【観点2】企業の社員について

僕は企業の社員の雰囲気や考え方という観点をメインで志望動機・理由を書く事が多かったと思います。なぜなら人に関して書くと自然と具体性のある内容となっていくからです。

 

具体性を出すためにはこれも企業説明会やインターンシップにしっかりと参加して社員を観察するのです。例えば、説明会の後によく行われる「座談会」で担当であったパワフルな感じのAさんがいたとします。 そして「Aさんに憧れた」と思ったらそれを志望理由として是非書きましょう。

 

文章の要領としては、「座談会の際に担当していただいたAさんのパワフルな雰囲気に魅力に感じました。私もそのような方々と共に貴社、ひいては社会に貢献をしていきたいと思ったからです。」のような感じです。

 

具体性を出すテクニックとしてはES対策記事でも解説をしましたが、必ず「固有名詞」を入れるようにしましょう。ここで言う「固有名詞」とは赤字部分の人の名前です。できればその人の部署名等も分かっている場合はそれも書くべきだと思っています。

 

人で企業を比較すれば特に、「人で勝負」という企業である場合には刺さりやすいので積極的にESに盛り込んでいきましょう。

 

まとめ

志望動機で具体性を出すためには実際に社員が話していた言葉や行動に関して書くと良い!

業界や、その企業の志望理由は実際に説明会・インターンシップに参加してESのネタにならないかと常に意識。参加をしたら必ずその業界、企業の魅力や他企業と違う部分を直接質問しよう!

 

志望動機・理由の例文解説

 

では、ここからは「志望動機・理由」のESの例文を用いて先ほど解説をした「志望動機・理由の考え方」と照らし合わせながらES作成の解説をしていきます。

志望動機・理由の例文

・業種→商社

・就活の軸→自分の強みを活かせ、グローバルに活躍する事。

・自分の強み→「どのような立場でも組織の勝利に尽くす気持ちを持てる事」

【業界の志望理由】
なぜ商社かというと貴社インターンシップに参加した際に〇〇さんが仰っていた「商社の仕事はビジネスを自ら作って行くこと」に加えて、どうやって儲けることが出来るのかということを真正面から対峙できるのは幅広い業界の中でも商社だけだと思い、一生涯のキャリアにしていきたいと考えているからです。

【企業の志望理由】
その中でも貴社を志望する理由は2つあります。

(企業の特徴)
1つ目は、グループ会社〇〇社、〇〇カ国の拠点数をもちその強固なネットワークを武器に世界中を奔走してお客様の要望に応えていける環境があること。

(企業の社員)
2つ目は、代表表取締役会長の〇〇(名前)の仕事に対する姿勢に惹かれたからです。具体的には、〇〇(名前)が社員に語る「会社は稼ぎに来る場所」という言葉です。「お金を稼ぐ」という事は、利益に拘り会社に尽くす事です。

【結論】
それは、私が〇〇(組織名)で培ってきた「どのような立場であっても組織の勝利の為に尽くす気持ちを持てる事」という強みに合致します。そのような風土の中で思いっきり仕事に打ち込む事ができるのは数ある企業に足を運びましたが心の底から貴社でしか実現出来ないと考え、第一志望としております。

 

いかがでしたでしょうか?3つのポイントでそれぞれ内容を確認していきましょう。

 

業界の志望理由

しっかりとインターンシップに参加し、そこで得た情報を「固有名詞+台詞」で具体性を出しています。このような構成で書いている就活生は少ないのでESの信憑性に差が付きます。また、黄色のマーカー部分の「商社だけ」という言葉で「私は商社でないとダメなんです!」を伝えている点もポイントです。

 

企業の志望理由

今回のES例文では企業の特徴と企業の社員についての2つを記載しています。ESには文字数制限があるので文字数が少ない場合にはどちらか一方を詳しく書くようにしましょう。

 

企業の志望理由としては「世界中のネットワーク」という点で就活の軸の「グローバル」に当てはまる部分になります。なぜ?と面接で質問された時に就活の軸とそうなった経緯をしっかりと用意して回答できれば完璧です。また、企業の社員に関しても赤字部分の就活の軸と強みが一致するという事をアピールして一貫性を持たせている事がポイントです。

 

結論

結論部分ではまとめとして赤字部分の自分の強みが企業に活かせる事ができる点と、黄色マーカー部分の「数ある企業に足を運びましたが〜」という言葉で再度、「貴社しかダメなんです!」を念押ししています。これも字数制限があるのでたくさんは書けません。ですので面接でしっかりと答える事ができるように他企業との比較を行っておきましょう。もちろん最後の締め括りは「第一志望です。」にします。内定を取るためには全ての企業が第一志望である気持ちで全力でぶつかっていくべきです。

 

以上が実際に例文を用いて解説部分との照らし合わせをしていきました。このような感じでES文章に上手に入れ込むと説得力がある且つ、他の就活生との差別化をする事ができる「志望動機・理由」が完成します。また、例文に使われている様々なキーワードもどんどん真似して頂いて構いませんので応用をしてみて下さい。

 

まとめ

今回は「志望動機・理由」にフォーカスして書き方を解説しました。ただなんとなく魅力を羅列するのではなく、具体性を出しながら他企業との比較、一貫性を意識する事によって文章が採用担当に刺さります。これは志望動機・理由以外のテーマでも基本的には同じです。後日、志望動機の応用編も解説できればなと思っています。本記事を参考にして差をつけるESを書き、内定を量産しましょう。では良い就活ライフを!

 

  • この記事を書いた人

saison

東京六大学を卒業後、大手総合商社に入社。 その後、エネルギー部門に配属されるが、 Eronと起業する決意し、2020年1月に退社する。 自身の影響力を高める挑戦としてインターネットでビジネスを開始。 Eronとは中学生時代からの同級生。

-就活

© 2020 Eron × saison Blog Powered by AFFINGER5