就活

【面接質問20選!】就活で実際に聞かれた質問を大手内定者が公開!

本記事でわかる事

  • 就活の面接で聞かれる20個の質問
  • 質問を知る事で事前に対策ができる
  • 質問種類別に質問を整理できる

みなさん、就活お疲れ様です。

 

今回は、僕が就活の面接で聞かれた"重要な質問"を20個紹介していきます!

 

就活における面接とは「準備」が一番大切です。

 

本記事を参考にして事前に面接で聞かれる質問を確認し、本番でスムーズに質問に回答する事ができるようになるのをゴールとして読み進めて頂ければと思います。

 

では、さっそく内容に入っていきましょう。

 

面接対策についてはこちらで詳しく解説をしています。

参考記事
差別化する就活面接の話し方を解説!【優秀な人は全員やっています】

続きを見る

 

就活の面接"絶対聞かれる"質問5選

まずは、面接で頻出する質問5個を紹介していきます。どの企業でもほぼ質問してくる内容となっているので必ず回答できるようしておきましょう。

 

また、全ての質問にはそれについて詳細に説明をしている「参考記事」がありますので合わせて確認する事をおすすめします。

 

【質問1】 自己紹介

 

面接開始と同時に聞かれます。基本的には「氏名」「学校名」「学部学科」「学年」をシンプルに回答します。よく就活生が間違ってしまう点としては「自己PRをしてしまう事」です。

必死にアピールをしようと長々と必要以上の内容を話す事はマイナスポイントとなってしまう可能性が高いので気を付けましょう。

 

saison
30秒・1分・3分と時間を指定される場合もあります!

 

自己紹介についてはこちらで詳しく解説をしています。

参考記事
【例文あり】就活での30秒自己紹介のコツ!大手内定者が徹底解説!

続きを見る

 

【質問2】 学生時代頑張った事

 

いわゆる「ガクチカ」というやつですね。学生時代頑張ったことに対する回答は必ず準備しておきましょう。ポイントとしては全ての質問で共通しますが「とにかく結論から話す事」です。

 

前置きが長くなってしまい、結局「何を頑張ったのか?」が正確に伝えることができなければ本末転倒です。まずは端的に結論から述べ、その後に補足する説明を付け加えましょう。

 

saison
必ず聞かれるので何度も自分で練習しましょう!

 

ガクチカについてはこちらで詳しく解説をしています。

参考記事
【ガクチカ編】就活ESのガクチカがない人の為に。アルバイトOK!

続きを見る

 

【質問3】 志望動機

 

企業に自分の志望度をアピールする為の重要な質問事項です。「なぜその業界なのか?」「その中でもなぜ御社なのか?」の2つの論点をしっかりとまとめておくと説明がより具体的になります。

 

企業説明会や、OB訪問、インターンシップを最大限に活用して情報収集をしてなるべく多くの同業他社と比較する事がポイントとなります。

 

saison
その事業は他でもできるよ?と突っ込まれた時にも対応できるようにしましょう!

 

志望動機についてはこちらで詳しく解説をしています。

参考記事
【志望動機・理由編】差別化するESの書き方のコツを例文で解説!

続きを見る

 

【質問4】 自己PR

 

今までの人生で特に力を入れて取り組んだ事から得る事のできた自分の強みや特徴を話した上で、それが「どのように企業に役に立つのか?」を明確にし自分を売り込む回答が必要です。

 

より具体的な自己PRをするには自己分析が必要となってきます。今までの経験を整理して学んだ事や得る事ができた事の共通点を見つけて準備するようにしていきましょう。

 

saison
就活は企業に自分を売り込む事がポイント!

 

自己PRについてはこちらで詳しく解説をしています。

参考記事
就活で差別化するESの書き方解説!【そのES読まれてないですよ】

続きを見る

 

【質問5】 長所・短所

 

あなたの長所・短所を聞く理由としては大きく2つあります。

 

1つ目は、長所ががどのように企業に活かせる事ができるのか?2つ目は、短所をどの程度自分で理解をし、それに対して問題意識を持ってどう改善をしようとしているのか?を確かめる質問とも言い換える事ができます。

 

これも自己PRの時と同じように「自己分析」を行って「なぜそれが長所・短所であると思うのか?」と理由までを明確に回答できるように入念に準備をしておきましょう。

 

saison
いかに自分を理解できているかを企業は見ています!

 

長所・短所についてはこちらで詳しく解説をしています。

参考記事
【長所・短所編】就活ESの長所・短所を見つける裏技と例文を公開!

続きを見る

 

就活の面接"経験"についての質問5選

 

あなたの経験についての質問内容と回答ポイントを解説していきます。自分の過去の経験について自己分析をしている必要がありますのでしっかりと整理をして対策をしていきましょう。

 

【質問6】 ガクチカについてどのように工夫して取り組んだのか

 

学生時代に頑張った事を話した後に深掘りしてくるパターンの質問です。学生時代に頑張ってきた取り組みに対して「どのように」活動をしてきたのかを知りたいと思っています。

 

社会人になって仕事をする上で大切な事は常に工夫をして仕事の効率化や成果を出していく事です。あなたが企業に入ってからの行動を想像させるような回答をすると高評価を得る事ができます。

 

saison
入社後にどのような働きをしてくれるのかが企業は気になります!

 

【質問7】 挫折経験や困難な壁をどう乗り越えたか

 

頑張ってきた事に対しては大小関係なく挫折や困難な壁にぶつかります。それらの経験と、それをどのように乗り越えようとしたのか?を面接では質問されます。

 

まず、挫折経験がない場合だと「そもそもあまり力を入れて取り組んでいなかったのではないか?」と思われてしまうので必ず準備をしておきましょう。また、乗り越えるためにどのようなアクションを起こしたのかを可能な限り数字等を用いて具体的に表す事がポイントです。

 

saison
質問の論点は力を入れてきた事に対しての課題の認識と解決能力を把握です!

 

【質問8】 組織におけるあなたの役割

 

組織には必ず「役割」があります。もちろん企業でもそうですし、小学校のクラスでさえも学級委員長や各係がありましたよね。この質問であなたは組織においてどのような存在であったのかを知り人物像を捉えようとしています。

 

注意点としては「リーダー」が全てではないという事です。適材適所であなたが所属する組織にどのように貢献していたのかを素直に話す事が大切です。

 

saison
あなたの強みと合わせて役割を説明しましょう!

 

【質問9】 経験から学んだ事や身につけた事

 

この質問は学生時代に頑張った経験から何を学ぶ事ができたのかを聞くものです。必ず力を入れて取り組んだ事からは1つや2つ、学んだ事があるでしょう。これをしっかりと回答する事ができればあなたの考えや強みをアピールする事に繋がります。

 

saison
経験から何を学んだのかを整理しておこう!

 

【質問10】 経験がどのように企業で活かされるのか

 

これはあなたの経験が入社後どのように活かす事ができるのかを事前に考えておく必要があります。企業で活かす事ができない強みであると判断された場合にはその企業から内定を獲得するのは難しいでしょう。

 

ですので、これはちょっとしたテクニックになりますがOB訪問などでその企業が求める能力をリサーチしておき、それに基づくように説明すると企業に評価がされやすくなります。

 

saison
企業からその人が活躍できるかどうかを判断しています!

 

就活の面接"性格"についての質問5選


あなたの性格についての質問内容と回答ポイントを解説していきます。性格は企業とマッチしているのかどうかの判断に大きな影響を与えるのでミスマッチが起きないよう嘘を付かないようにしましょう。

 

【質問11】 自分を一言で表すと?

 

必ず面接の準備をする段階では自分の軸となる「自分を一言で表す言葉」を選んでおきましょう。これを決めておかないと自分の発言内容に一貫性がなくなってしまうという意味でも必ず用意しておきたいです。

 

また、一言で表した場合にはその後、理由もセットで質問される可能性が高いので自己分析をして「なぜそう思うのか?」まで回答できるように準備をしておきましょう。

 

saison
あえて難しすぎる言葉で表すのは分かりにくいのでNGです。

 

【質問12】 他人からどんな性格だと思われていますか?

 

これはあなたの周りにいる人からどのような評価を貰っているのかを確かめる質問です。これは面接準備の段階で友人や家族に自分の性格を聞いてみましょう。自分で考えられる内容ではないので他人の力を貸してもらった方が早いです。

 

回答ポイントとしては素直に答える事です。それが企業とのミスマッチにも繋がってしまいます。

 

saison
自分を飾る必要は全くないので素直に答えましょう。

 

【質問13】あなたを色で表すと?

 

これはよく聞かれる質問です。ベストは論理的にするためにその色が持つイメージと自分の性格がしっかりとマッチしたもの選んで回答する事です。ここで注意をして頂きたいのが「透明」を選ぶのは絶対にやめましょう。これは必ず落とされます。

 

何色にも染まる事ができる事はある意味長所かもしれませんが個性のない人材を企業は求めていません。

 

saison
自分の特徴がわかる色とその理由を明確にしましょう!

 

【質問14】座右の名は?

 

これはあなたの人生におけるモットーやこだわりから人物像を把握するために質問されます。あなた自身が人生において何を大切にしているのかを過去の経験から見直して理由とセットで説明しましょう。

 

また、さらに加えるとしたらその座右の銘の意味からどのように企業に貢献していくのか?まで話せるとGoodです。

 

saison
くれぐれも言葉の意味を間違う事の無いようにして下さい!

 

【質問15】あなたの趣味は?

 

もし、あなたが長く継続している趣味があればそれを話しましょう。趣味を聞くことによってもある程度人物像が把握することができます。ベストは「オタク」であるほどその趣味についてこだわりがあることです。

 

もし、趣味がなかなか思いつかない場合でもマイナスな印象を与える「ギャンブル」等の回答をするのは必ず避けましょう。

 

saison
物事へのこだわり度が高ければ高いほど良いですね!

 

就活の面接"就活の軸"についての質問5選

あなたの就活の軸についての質問内容と回答ポイントを解説していきます。あなたの就活の軸が一貫していることによって全ての発言(特に志望動機)に説得力が生まれます。矛盾が生まれないように入念に対策をしておきましょう。

 

【質問16】あなたの就活の軸は?

 

ダイレクトに聞かれることが一番多かったかもしれません。就活の軸の決め方としては過去の経験から考える方法と望む未来を想定してそこから逆算して考える方法の2通りがあります。

 

どちらかの自分がやりやすい方法で「就活の軸」をしっかりと選定していきましょう。就活の軸に沿った志望動機を話せると説得力が増した内容となります。

 

saison
就活の軸から企業はあなたの就活に対する考えも見ています!

 

未来から逆算して自己分析する方法についてはこちらで詳しく解説をしています。

参考記事
【就活生必見】未来志向方の自己分析とは?24歳社長から学ぶ!

続きを見る

 

【質問17】あなたにとって就活とは?

 

就活に対するあなたの考えを企業は求めています。ただ大学を卒業したから就職活動を始めたというような理由は通用しません。必ず目的を持って取り組んでいるという事をアピールしましょう。

 

これも必ず就活の軸と矛盾しないように意識するのがポイントとなります。

 

saison
僕は「自分の適正を理解し世の中に貢献する仕方を決めるもの」と定義していました!

 

【質問18】あなたにとって良い会社とは?

 

少し難しい質問かもしれませんが時々聞かれます。この質問は就活の軸がしっかりと定まっている且つ、自分自身の目指しているものを理解していないと上手に回答する事が出来ません。

 

もちろん給料が高いという理由も良い会社かもしれませんが、それ以上に自分のキャリアを達成できたり、顧客に対しての接し方などの角度から説明できた方が良い印象を与えられる可能性が高いです。

 

saison
給料や福利厚生よりもキャリア達成や社風などの観点から考えてみましょう!

 

【質問19】あなたはどのような学生を採用したいか?

 

これはもしあなたが採用担当だったら、という想定のもとに質問されます。企業によって求める人物像や、社風が異なるのでそれを事前にリサーチした上で回答を準備しましょう。

 

また、その採用したい学生が自分に全く当てはまらないのはNGですので気を付けるようにして下さい。

 

saison
企業の理解度も確かめられています!

 

【質問20】就活で一番大切にしている事

 

就活の取り組み方を問われています。これは少し就活の軸の質問に似ていますが聞かれる事がある内容ですので回答を用意しておきましょう。必ずしも1つでないといけないという事はないので、就活の軸に基づいて3つ程度考えておけばOKです。

 

saison
自分の行動と矛盾しない内容を回答することが大切です!

 

まとめ

今回は面接で聞かれる質問20選の紹介と回答ポイントを解説しました。これ以外にもイレギュラーな質問がされることがあるので臨機応変に対応をしないといけませんが、ここで紹介した20個の質問に関しては頻出ですので事前に用意しておきましょう。また、全ての質問の回答に言えることはやはり全てに矛盾しない事が大切です。自己分析を通して一貫した回答ができるよう意識していきましょう。では良い就活ライフを!

  • この記事を書いた人

saison

東京六大学を卒業後、大手総合商社に入社。 その後、エネルギー部門に配属されるが、 Eronと起業する決意し、2020年1月に退社する。 自身の影響力を高める挑戦としてインターネットでビジネスを開始。 Eronとは中学生時代からの同級生。

-就活

© 2020 Eron × saison Blog Powered by AFFINGER5