TOEIC 就活

TOEIC800点を取るには|勉強法・おすすめ問題集など大公開!

 

 

 

記事の信頼性

この記事を執筆しているEronは、大学3年生の時に、半年間勉強をしてTOEICの点数895点を獲得しました。留学経験もなく、大学の学部も理工学部でした。元々英語が話せたわけではなかったので、これから英語を勉強しようというあなたの役に立てればと思っています。

 

 

TOEIC800点ってどのくらいのレベル?

 

2019年の公式データによると、800点以上獲得している割合は、全受験者のうちの12.8%です。ちなみに平均点は580点です。

公式サイトでの800点以上の人の目安としては下記のようになります。

 

リスニングのレベル

 

一般的に以下の長所が認められます。

  • 短い会話において、応答が間接的だったり、または簡単に予測できないようなものであっても、幅広い語彙(あまり使われない語彙、あるいは様々なトピックで用いられる語彙)を使用した話の主旨、目的、基本的な文脈が推測できる。
  • 長い聴解文において、幅広く語彙が使用されていても、話の主旨、目的、基本的な文脈が推測できる。情報の繰り返しや言い換えがなかったり、広い範囲にわたって情報を関連付ける必要があるときでも、同じことができる。
  • 短い会話において、否定構文が使用されていたり、構文が複雑だったり、難しい語彙が使われている場合でも詳細が理解できる。
  • 長い聴解文において、広い範囲にわたって情報を関連付ける必要があったり、情報の繰り返しがなくても、話の詳細が理解できる。情報が言い換えられていたり、否定構文が使用されていても、詳細が理解できる。

出典:TOEIC公式HP

 

リーディングのレベル

 

一般的に以下の長所が認められます。

  • 文章の主旨や目的が推測できる。詳細が推測できる。
  • 意味を読み取ることができる。言い換えがあっても、事実に基づく情報が理解できる。
  • 文章全体にわたる情報を関連付けることができる。関連する二つの文章のつながりを理解できる。
  • 幅広い語彙(あまり使われない語彙、あるいは様々なトピックで用いられる語彙)、よく使用される単語の例外的な意味、慣用句的な使い方が理解できる。また、似たような意味で使われる複数の単語を区別することができる。
  • 規則に基づいた文法構造が理解できる。また、難しく、複雑で、あまり使用されない文法的な構造が理解できる。

出典:TOEIC公式HP

 

履歴書・就活では大活躍

 

TOEICの点数は、600点以上であれば履歴書に書いても恥ずかしくないと一般的に言われていますが、実際は800点以上でないとあまり価値はありません。逆に、就職活動や転職活動で、800点以上の点数をとっていれば、かなり有利に進めることができます。

私の場合も、内定をもらった企業の最終面接でTOEIC895点の話になり、留学せずに独学で半年で取ったと言ったら、かなり頭が良いんだねと良い評価をもらいました。そしてその場で内定を貰えたので、就活が控えている大学生は、800点を目安に努力すると良いと思います。

 

TOEICで800点取るための勉強方法

 

それでは具体的に800点を取るための勉強方法についてご説明していきます。

勉強の順番としては、下記のようになります。

 

勉強の流れ

英単語を覚える

英文法を覚える

パート別に勉強する

テスト形式の問題で演習する

公式問題集で最終確認

本番

それぞれについて順番にご説明していきます。

 

英単語を覚える

 

英語の勉強をする上で欠かせないのが英単語の勉強です。英単語の覚えた量とTOEICの点数は比例すると言われているので、単語は覚えれば覚えるだけ点数が上がります。800点を取るためには下記の2冊の英単語帳をマスターする必要があります。

キクタン TOEIC L&Rテスト SCORE 600


購入はこちら

 

キクタン TOEIC L&Rテスト SCORE 800


購入はこちら

こちらのキクタン2冊は、実際に私が愛用していた単語帳になります。この単語帳がベストな理由は、音声がついているという点です。単語帳と一緒に単語をの読みと、日本語の意味を軽快な音楽に乗せて流してくれるので、単語の発音も完璧に理解できます。

よく単語帳をしっかり勉強して単語の意味は覚えているけど、単語の発音の仕方が分かっていない人がいます。そんな人は、長文や文法は解けるかもしれませんが、リスニングの時にダメな部分が出てきてしまいます。必ずキクタンを買って、キクタンについている音声を聞きながら単語を勉強しましょう。それがそのままリスニングの勉強にも繋がってきます。

 

英文法を覚える

 

英単語がある程度覚えられてきたら、次は英文法の勉強も始めましょう。単語が全然分からない状態で英文法の勉強をしても効率が悪いので、単語がまだまだな人は慌てずに単語をある程度マスターしてから英文法に移りましょう。英文法は、下記のテキストを使って勉強します。

世界一わかりやすいTOEICテストの英文法


購入はこちら


この本は今まで英文法の勉強があまり好きではなかった人でも、好奇心をくすぐられてどんどん解いてしまうような内容になっています。解いていてつまらなくならないように工夫されています。また、レベル感も基本的な内容から応用的な内容まで網羅されており、文法の勉強用に買うテキストとしてはこの1冊で十分です。

文法の勉強をしながらも、分からない単語が出てきた場合はそのままにせずに必ず覚えるようにしましょう。また、キクタン2冊に関しても並行して覚え続けるようにしてください。

次のページへ >

  • この記事を書いた人

Eron

イーロン 新卒で平均年収2,000万円越えの一流企業キーエンスに入社。その後起業。会社経営者となる。ブログを通して自分の好きな事・考え方を発信。

-TOEIC, 就活

© 2020 Eron × saison Blog Powered by AFFINGER5