俺の3選 就活

【就活】就活での悩み3選と解決法

ほとんどの学生が行う就活。

貴方は内定貰えましたか?

 

こんにちは、saisonです。

本日は記憶に新しい「就活」についての悩み3選と、

それを紹介するだけではなく解決方法までお伝えしていきます。

ちなみに僕は下記の方法で

大手総合商社・メガバンクの内定を貰いました。

その方法を共有したいと思いこの記事を書いています。

まだ内定を貰っていない貴方はよーーく読んで下さい。


目次

悩み1  自己分析って必要なの?

悩み2  面接に受かりません。

悩み3  業種は絞った方がいい?


1  自己分析って必要なの?

 

みなさんはおそらく就活は自己分析が大切であると色々な人から言われていると思います。

結論から言うと「時間を掛けなくていい」です。

周りは自己分析しなきゃ!と言っている訳ですが、

その時その時で自分の考えが変わったりするので自己分析は永遠に終わりません。

さらに、むしろ自分自身のことがよくわからなくなってパニックになります。

では、僕がどのような自己分析をしていたのかと言うと

自分が今まで頑張ってきた事とそれがどのような業種に活かされるか?

だけに絞って自己分析をしていました。

だって、行きたい企業なんて

大企業×有名×高年収

しか考えていなかったから。

ちまちま細かく自己分析をしているなら、

その入社したい企業からどのようにしたら内定を貰えるのか?

を論点に考えた方が圧倒的に得策です。


2 面接に受かりません

 

就活といえば面接。

パスしなければ絶対に内定はありえない大事なイベント。

これは苦手という人はたくさんいると思います。

僕も最初は緊張したりして100%を出し切れなかった時もありました。

よほど得意な人でなければ誰でも最初はうまくいかないでしょう。

では、どのように対策をすればいいのか?

面接は回数に尽きます。

うまくいかないと思っている人はそもそも面接の回数が少ないです。

面接会場にいっても全く緊張しないくらいに回数をこなしてください。

面接の練習は早めに選考を開始している企業で行いましょう。

1つコツを挙げるとするならば、

絶対に面接ロボットにならない事。

面接官は企業に入った時に社内の人間や、

お客さんときちんとコミュニケーションを取れるかなど

入社後の姿を想像しながら面接しています。

ですのであくまでも面接は会話と心得て取り組むと内定に近づきます


3 業種は絞った方がいい?

僕は業種は絞らなくていいと思っています。

これは人それぞれ就活のスタイルが違うので難しい部分ではありますが...

僕の就活は先ほども言った通り、

大企業×有名×高年収というのが大きな軸になっていた為、

業種は特に絞りませんでした。

また、業種を絞らない事のメリットとしては、自分のあまり興味がない業種の

説明会などに言って勉強をしてみると新しい発見があるという事が挙げられます

それは自分の行きたいと思っている企業の面接にも役立ったりもします。

数ある業種の中でなぜその企業に行きたいのか?

等質問への回答も準備しやすくなるので

特に就活の序盤から業種を絞るのはオススメしません。


まとめ

今回は就活における疑問点、悩みを3つ取り上げてみました。

この方法で僕は就活が最終的にはうまくいったので

今、就活でつまずいている方には是非参考にして頂きたいと思います。

次回以降、ESの書き方などもレクチャーしようかなと。

もし、他にも就活に関してアドバイスが欲しい方はコメントして頂ければお答えします。

 

就活落ちた方へおすすめのお酒ランキングはこちら

 

 

  • この記事を書いた人

saison

東京六大学を卒業後、大手総合商社に入社。 その後、エネルギー部門に配属されるが、 Eronと起業する決意し、2020年1月に退社する。 自身の影響力を高める挑戦としてインターネットでビジネスを開始。 Eronとは中学生時代からの同級生。

-俺の3選, 就活
-

© 2020 Eron × saison Blog Powered by AFFINGER5