就活

大学生の春休みが暇なあなたへ。就職活動にプラスなオススメ過ごし方

イーロン
どうも初めまして元大学生イーロンです!

本日は春休みが暇な大学生に向けて就職活動でプラスになる過ごし方を紹介します!

 

大学生の春休みは暇だ!!!

4年生の大学であれば、ほとんどの大学が1ヶ月から2ヶ月間というとても長い春休みがあります。

私の通っていた大学は2月と3月が丸々休みで、とてつもなく暇を持て余していたのを覚えています。

バイトをしたりネットフリックスで映画を観たりと、色々な過ごし方があるとは思います。

ネットフリックスを見る方は、こちらにオススメまとめてあるのでご覧ください。

ライトセーバー
【最新版】NETFLIXでオススメの映画・ドラマランキング!

続きを見る

 

とはいえ、社会人になってしまってからは、実際にこんな長期休みを取れるなんて事はまずありません。

 

イーロン
外資企業なら1ヶ月の長期休暇を取れる会社もあるけどね!

 

それだけ貴重なこの時間、せっかくなら何かに役立てたいですよね。

大学生の一番重要なイベントといえばそう

就職活動

今回は、就職活動で活きる時間の使い方に絞って、ご紹介します。

 

暇な大学生がすべき事1:TOEICの勉強

 

 

イーロン
大学生の皆さん、英語は喋れますか???

 

暇を持て余しており、何かを始めたいと思っているのであれば、一番最初にすべき事それがTOEICの勉強です

グローバル社会の現代において、英語を使えるのはもはや当たり前の世界となってきています。

少し前に楽天が社内の公用語を英語にしたというニュースが話題になりました。

それくらい日本にもグローバルの波が押し寄せています。

また、一部上場の大企業でも、マネージメントの役職に上がるためにはTOEICのスコアが750点以上でないといけないというルールを作る会社も出てきています。

英語が喋れるか喋れないかで、出世できるかどうかが決まる時代なのです。

 

ですが、そんな時代になっているのにも関わらず、日本人大学生の多くは英語をほとんど話すことができません。

MARCHレベルではほとんど話せない人ばかり。早慶上智で多少話せる人がいるかなというレベルです。

つまり、もしあなたが英語でそつなく会話できるようになれば、それだけで大きなアドバンテージになるということです。

 

TOEICの勉強は大変そうと思っている方もいるかもしれません。ですが、実際にはそんな事ありません。

ネットには多くの勉強法の記事が出ており、本屋には対策用問題集が沢山売られています。

皆さんが思っているより、TOEICで高得点を取る難易度は高くありません

私も半年勉強して895点取れましたから、春休みの2ヶ月間だけでも勉強すれば、700点くらいなら余裕で狙えます。

勉強法についてはこちらの記事に詳しく記載しておりので、是非参考にしてみてください。

 

TOEIC895点の勉強スケジュール!留学せずに独学での半年間

続きを見る

 

暇な大学生がすべき事2:自己分析

 

自己分析とは何か。それは、自分を理解する事です。

自分の夢が何で、いつまでにそれを叶えたいのか

今まで自分は何をしてきて、自分の魅力はなんなのか

 

自分の進路を決める上で、自己分析をする事はとても大切です。

自分を深く知る事で、本当に進むべき業界はどこなのか。営業職が良いのかそれとも技術職が向いているのかなど。

漠然とした将来の自分を明確に想像でき、また、それをしっかりと他の人に伝えられるようになります。

他の人にしっかりと伝えられるようになると、いざ就職活動の面接が始まったとしても、

答える内容に迷う事なく、自信を持った受け答えができるようになります。

 

 

就職活動を始めると、必ずみんながつまづくポイントこそ自己分析です。

また、いざ就職活動が始まってから自己分析を行うと、なかなかしっかりとした時間が取れず、疎かになってしまいがちです。

まだたっぷり時間がある今だからこそ、しっかりと腰を据えて自己分析をしてみてはいかがでしょうか

 

自己分析の方法について詳しくはこちらの記事でも記載しています。是非参考にしてみてください。

 

【大学生必見】就活の軸・自己分析のやり方。24歳起業家社長に学ぶ

続きを見る

【就活生必見】未来志向方の自己分析とは?24歳社長から学ぶ!

続きを見る

 

 

暇な大学生がすべき事3:長期インターン

暇な大学生がすべきことの3つ目は、長期インターンです。

長期インターンとは、ベンチャー企業などの会社でインターン生として働くことをいいます。

インターン生はバイトとは異なり、実際に働いている社員と同じような内容の仕事をします。

社内仕事だけでなく、営業に行ったり、他社との打ち合わせに同行したりもします。

そのため、大学生の中から社会人としての経験を積むことができます。

つまり、周りの大学生と大きな差をつけることが可能です。

 

ベンチャー企業は、ほとんどが少数の社員で構成されているため、

社長の近くで働くことができるのも一つのメリットです。

ベンチャー企業の多くは、従業員は無能な場合が多いですが、社長だけは本物の場合もあります。

もしインターン先を選ぶ時は、社長がどんな経歴なのかまで調べるのをオススメします。

 

インターンにはいくつか注意すべき点がありますので、そちらについてもご説明します。

 

長期インターンの注意点1:無給のインターン

 

長期インターンの中には、給料が発生する有給のインターンと、発生しない無給のインターンがあります。

無給の場合は、交通費などしか支給されず、何時間も無給で働かされる事になります。

やる気のある大学生は、経験が得られるから無給でも良いという人もいますが、それは大きな間違いです。

無給のインターンがなぜ存在するか、それは、ベンチャー企業がただ単に無料で働いてくれる人手が欲しいからです。

そんなインターンの事を、ブラックインターン呼びます。やりがいや経験といった言葉を盾に、無給で大学生を働かせるような企業は最低です。

絶対にそんな企業でインターンしないように気をつけましょう。

 

長期インターンの注意点2:成果報酬型のインターン

 

有給のインターンにも気をつけなければならない点があります。それは、成果報酬型のインターンも存在するという事です。

実際にインターン生が生み出した利益の20%をインターン生に還元する方式で、働かせる企業もあります。

実際に月50万円以上稼いでいるインターン生もいます!などどいう謳い文句で宣伝していますが、

はっきり言ってこれも危険です。

インターンを始めて数ヶ月間は恐らくほとんど無給で働く事になるでしょう。

春休みだけやりたいと思っている場合、全然結果が出ずに終わることも考えられます。

 

なので、時給でしっかりと給料が出る条件のインターンを探し、そこに参加すべきです。

私は実際に長期インターンで働いていましたが、大学時代から多くの経験を学べた点は良かったかなと思っています。

ただ、ベンチャー企業はやはり安定性や信頼性にかけるため、営業をする場合は、かなりキツイ事を覚悟の上で申し込んだ方が良いです。

 

長期インターンの注意点3:詐欺まがいのインターン

 

起業家になりたい学生をインターンと称し集めて、最終的には高額な講習を受ける流れに持っていく企業があると聞いたことがあります。

社会に出ていない無知な大学生を相手に、うまく夢を見せることで高額な金額を騙し取ろうという詐欺まがいの会社です。

そんな会社も混ざっている可能性がありますので、必ず長期インターンに行く前にはしっかりと会社について調べてからいきましょう。

 

暇な大学生がすべきこと4:起業

 

一段とレベルアップしたように思うかもしれませんが、そんな事はありません。

実は起業する事はとても簡単な事です。20万円あれば書類上は余裕で自分の株式会社の社長になれます

 

自分で起業する事は、自分でビジネスを作成するという事です。

どういうサービスを提供して、どうお金を集めてくるか。それを考えて実際にやってみる。

学生ですから、周りに沢山の優秀な友達がいる事と思います。

友人を数人集めて一緒にやってみても良いでしょう。また、自分1人で全てをやってみるのも良い経験だと思います。

 

自分で考えたビジネスを具体化し、実際に会社を作ったという経験は、たとえうまくいかなくても、就活でこれ以上ない武器になります。

人事は間違いなくそんなあなたに興味を持ち、より詳しく話を聞いてくるでしょう。

周りがバイトを頑張った。留学に行った。などと言っている中で、起業した。と一言言えば、

その場の空気は完全にあなたのものになります。

 

具体的にどう起業すれば良いのか。それは難しい質問ですが、一つ簡単な方法があります。

それは、自分が一番好きな事を仕事にすれば良いのです。

例えばゲームで遊ぶのがとてつもなく好きだったとします。

それであれば、ゲームの攻略方法を書いたブログを作成したり、

海外で人気なゲームを紹介して販売するネットショップを作ったり。

もしくはゲームをクリアする代行業を始めたり。(ニーズがあるかは分かりませんが)

 

とにかく、自分の好きな事に関連してビジネスを始めるのが一番苦にならず、成功したら嬉しいです。

失敗したとしてもその経験はとても価値がありますし、借金を作らなければ、なんの問題もありません。

 

「大学時代に俺起業してんだよね」

 

その一言をカッコよく言うためだけでも、学生時代に起業する価値はあると思います。

 

 

まとめ

 

春休みという長い期間をどう過ごすかは、あなた次第です。

その期間を価値のあるものにしたければ、まずは行動するしかありません。

このブログを見て春休みが有意義なものになったという方がいたら、

是非ともTwitterで私にどんな春休みになったのか教えてください!!

 

 

  • この記事を書いた人

Eron

イーロン 新卒で平均年収2,000万円越えの一流企業に入社。その後起業。会社経営者となる。ブログを通して自分の好きな事・考え方を発信。

-就活

© 2020 Eron × saison Blog Powered by AFFINGER5